« 自称逸般塵の不通の日記(344) 晴れたけど停滞日 | トップページ | 微妙だけど大きな違和感と、かなり違うけど気にならないコト »

2012.04.29

所持品紹介(32) だいたいこのくらいっていう大きさの道具

20120429_img_9635_1s


外出先や移動中に活用できるようにと奮発して買った、
といっても予算は乏しいので性能的には底辺に近いが、
それでも既存の端末より使いやすく電池が長持ちする。

まだ使ったことのないバージョンとはいえOSは普通で、
そのあたりも携帯性を最優先にして一般的でないOSを
搭載した携帯端末などとは違いソフトの入手も容易だ。

大きさや重さは数年前まで使っていたPCと同じくらい。
同時期のPCの中でみれば処理能力は最低ラインに近く、
携帯性やバッテリ持続時間を重視した、というワケだ。

そんな風に考えるとPCというのは10年くらいほとんど
進化していないんじゃないかという気にもなってくる。
使った感触でいえば大幅に快適化したとは思えないし。

年々CPUの性能が上がったりHDD容量が増えたりするが、
扱うデータ量や処理の複雑さも同じくらいに高まって、
体感速度は結局やはり大きく変わらないというワケだ。

そして駆動時間にしてもバッテリ性能向上も消費電力
増加で相殺されて大きく伸びるコトはないのだけれど、
何故か価格だけは数年前から比べると大きく下がった。

--
そういえば画面の解像度だけは、粗くなった気がする。
メインで使うノートPCは大型大画面だけど超高精細で、
出張などに使っていたミニノートは本当に小さな画面、
どちらも画素ピッチは相当に細かい部類に入る機種だ。

新たに調達した機種は割と普通のピッチだと思うけど、
どうしても比べるとドットが目立つように感じられる。
そして画面についてもう一つ、視野角が狭いというか
角度による色の変化が大きいので、ずいぶん見づらい。
画面に目を近付ければ上と下とで別の色に見えるほど。

まあこのくらい、安さを考えれば致し方ないトコロか。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(344) 晴れたけど停滞日 | トップページ | 微妙だけど大きな違和感と、かなり違うけど気にならないコト »