« 自称逸般塵の不通の日記(337) 桜いまだ咲かぬなら | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(339) ご近所開花宣言 »

2012/04/01

自称逸般塵の不通の日記(338) 新年度の信念度が必ずしも高くない場合は嘘を含むとみなすべきか否か

20120401_img_9435_1s


4月1日だけど今年は別に嘘を書くつもりはないというかネタ仕込むのが面倒臭いので普通にやる。

晴れて温かいというか汗ばむ陽気の日があったかと思えば台風かのような暴風雨を伴った前線が
日本列島を通り抜け一時的に冬型の気圧配置が戻ってきて冷え込む夜を迎えたりと天候も忙しい。

ここ何日か自宅での仕事が滞っていて全く捗らないまま日ばかり過ぎていくのだから落ち着かず、
そんな精神状態が体調にも出たか単なる寝違えか土曜は起き出したら肩凝りというか肩が痛くて、
おまけに夕方から夜にかけては何かの食い合わせだろうか微妙な腹具合となって落ち着かぬ始末。

でも深夜にかけて冷え込んでくる頃になると不思議と行動が活発になってきたりするというのは、
単に急に温かくなったせいでノボせていただけなのかもしれないという気もしてきたりする次第。

寒さに強いのはいいけど寒くないトコロで弱くなるようでは成功は到底見込めないよなとも思う。

--
ひとまず、この記事をアップしたら温かくして寝てしまおう。起きたらキッチリ仕事をするのだ。

※意志はあったものの結果として実践できなかったような場合というのは、「嘘」ではないよね。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(337) 桜いまだ咲かぬなら | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(339) ご近所開花宣言 »