« 出張旅行記(49) 「朋あり遠方より来る」の主語が自分自身であっても成り立つ日本語 | トップページ | アシにはオアシが必要であるコトに改めて思い知らされる件 »

2012/04/20

自称逸般塵の不通の日記(343) 出張の春

20120420_201204171400001


連休が迫る金曜、翌週の仕事の詳細についての連絡が届いた。
当初の予定では東海道新幹線で唯一未踏だった駅を使うはず
だったのが場所が変わり、何度か使ったコトのある駅に決定。
まあ先方の都合もあるだろうし、ここは致し方ないトコロか。
そんなワケで掛川駅を利用する仕事先があったら今後も歓迎。

夜になったら別の取引先から新たな仕事の連絡が入ってきた。
列島を縦断する必要があるという、割と手間の掛かる内容だ。
「早い方が有難いので連休中にでも」と言われたのだけれど、
「移動の多い計画なので、いくらなんでも平日でないと」と
連休明けに行動するよう調整した上で引き受けるコトにした。

というワケで出張が連続するコトになって、楽しみではある。
列島縦断には相当の経費が必要になるが、所得税の還付金が
入ってきたトコロだったから大きな不安はなく、都合も良い。

--
日頃は貧乏なので、あまり旅行に出たりはしないもんだから、
こうして取引先の経費で出張に出るのは、得難い機会なのだ。

|

« 出張旅行記(49) 「朋あり遠方より来る」の主語が自分自身であっても成り立つ日本語 | トップページ | アシにはオアシが必要であるコトに改めて思い知らされる件 »

コメント

クライアントさん…世間的にゴールデンなウィークに列島縦断はきつすぎ。
まるでゴミが人のような悪寒。

土産話を楽しみにしてます。

投稿: プロトロンビン | 2012/04/21 17:15

鉄路空路宿泊は早めに予定を決めて予約が取れれば何とかなるとは思うけど、今からでは遅いし、
そもそもにして多くは繁忙期料金になるので経費も嵩むのです。依頼者にとってはこれも問題。

投稿: y | 2012/04/22 14:44

この記事へのコメントは終了しました。

« 出張旅行記(49) 「朋あり遠方より来る」の主語が自分自身であっても成り立つ日本語 | トップページ | アシにはオアシが必要であるコトに改めて思い知らされる件 »