« 自称逸般塵の不通の日記(342) 春々訪れた新緑の山里、を目指す日々 | トップページ | 道を知るべきコトバ(48.3) 雨に没したって道は道 »

2012/04/13

道を知るべきコトバ(48) 足を取られがちな道

20120413_img_7182_1s


相変わらずの貧乏で近く入るはずの所得税の還付金も、
遅れた支払いや身内への借金返済などで消える見通し。
それも確定申告が遅れてしまったせいで何日になれば
入ってくるのか皆目わからぬ状態なのも落ち着かない。

そんな中で遅れに遅れていた作業をようやく片付けた。
次の仕事は翌週。もし前の作業が早く終わっていれば、
その間にもう少し別の作業が入れられたかもしれない
けれども、取りこぼしてしまうあたりが現在の実力だ。

少し前にメンタルの強さを話題にしたが、それは何を
意味するのだろう。感情の安定性が高いというよりは、
少しくらい(程度は人による)感情が不安定な状態でも
それを押し切って必要なコトを実行できるような性質、
という気がしているのだけど、だとしたら実に弱いな。

--
まだまだ至らぬ足らぬトコロばかり目立つ人生なれど、
焦ったって迅速に改善できたりするワケでもないので、
まあせいぜい地道に改まっていくしかないので諦める。
早急な変化を求めて想定外の弊害を被るのも困るから。

目の前にあるのは轍のない道だから、速度は控え目に。
こんな道でも、限られた条件下で選んだとはいっても、
それでも、これこそ自分で歩くと決めた道なのだから。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(342) 春々訪れた新緑の山里、を目指す日々 | トップページ | 道を知るべきコトバ(48.3) 雨に没したって道は道 »