« 自称逸般塵の不通の日記(343) 出張の春 | トップページ | トゲの根はヒトの奥底にこそある »

2012.04.21

アシにはオアシが必要であるコトに改めて思い知らされる件

20120421_dscf7072_1ts


そして出張で訪れたコトのない県への仕事も引き続き募集中。
まずは来月の出張では移動手段や経路の選定次第で未踏県の
一つくらいクリアできるかもしれないので少し検討してみる。
(依頼主が想定したルートを少し変更するだけで行けるかも)

仕事の案件の中で出張となる割合は多いと思うのだけれども、
そも案件そのものが不足気味なので旅の機会は限られている。
それでも体力や予算や時間に余裕があれば仕事ついでに観光
したりはするけれども、貧乏な状態が続いていて控え気味だ。

一時的に経費を仮払いしておく余裕がなければ受注できない
仕事があって機会損失を生じかねないのが自由業というもの。
そのあたり割と理解のあるクライアントが多いのは幸いだが、
今後ずっと彼らから仕事を請けていられるという保証もない。

どうしたって仕事の経費は極限まで削って平気なワケがない。
削減により生じる活動の制約を許容できる範囲が実質的限界。
生活だって同じようなもので活動制約とのトレードオフ関係。
少しずつでも稼ぎを増やして蓄えて余裕を作るしかあるまい。

--
カネより命だなんて言う人もいるけどカネで動く社会に於て
カネがないのはイノチを削られていくのと似たようなもので、
貧乏ゆえの死を選びたいという意思表示に過ぎないのであり、
死に方まで他人に強制してくるようなコトは避けたいものだ。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(343) 出張の春 | トップページ | トゲの根はヒトの奥底にこそある »