« 問い冷たいのはキモチが熱くないからか | トップページ | アクティブな休息 »

2012.04.07

ポシブルな未来像

20120407_dscf7401_1s


幾つかの遅れていた作業を片付けて寝不足や精神的疲労が溜まった状態で
外での仕事に出て戻ってきたトコロで数日来の疲れが出たのか鼻風邪気味。
あまりに久し振りの布団に入って早寝したら12時間あまり寝てしまったり。

シャワーを浴びたり洗濯物を干したり、メールチェックやネット上の巡回、
いろいろやっている間に(早寝したおかげで早起きだったのが)すぐ昼過ぎ。
次の作業は少し遅らせて1~2日ほど休み、休養と散歩などをして過ごそう。

調子が良くなくて後回しにしたモノゴトを、後から拾い上げるような作業。
そのときの優先順位は捨てた時点での考えを踏襲しなくていい、というか
忘れ去った上で、今および今後をどうすると良いか、という方向で考える。

少しばかりトラブルが生じて諦める機会を持たざるを得ぬくらいの状況は、
割り切って遣り直す契機を与えてくれるという意味でプラスの面もあるが、
そこで躓いたという(主に精神的な)マイナスの面もあって歓迎はできない。

だからこそ負の効果を小さくすべく精神的にも良い結果が得られたのだと
認識したいキモチはあるのだけど、そんな風にでも思っていないコトには
やってられないという点に気付いてしまうと、その時点で効果は大幅削減。

そりゃもちろんトラブルでダメージを受けるなんて誰だって歓迎しないさ。
だからこそそうなる前に何とかしておくべきだってコトになるのだけれど、
ソレを既に損害を被った状態で言われたって精神的な傷口を広げるばかり。

というワケで、常に今、そして今後、より被害を小さく効果を大きくする
ために何をしたらいいか何を言ったらいいかと、考えて行動したいもので。
そのためには、過去を参考にのみ使うといった態度が重要なのではないか。

--
周囲には誤解している人も少なくないが実は自分自身そんなにメンタルの
強い方ではないので、こうやって精神的な損害を常に回避しようと思考を
巡らせ無数の言い訳に埋もれさせて、それでようやく生きながらえている。

「自分に優しいコトは決して悪いコトじゃない」なんて平気で言えるのも、
そりゃ本人がそうしているからに他ならず、その実やはり「そうならずに
済むならそれに越したコトはない」とも思うけど、滅多に口には出さない。

|

« 問い冷たいのはキモチが熱くないからか | トップページ | アクティブな休息 »

コメント

「自分にやさしく」の原点はそこなのですね。

メンタルは私よりは強いかとー←ドングリの背比べ(笑)

投稿: プロトロンビン | 2012.04.08 08:51

精神的にも肉体的にも「力強さ」はないけど、それを自覚
していればこそ技に磨きをかけようという気にもなります。

投稿: y | 2012.04.10 01:36

この記事へのコメントは終了しました。

« 問い冷たいのはキモチが熱くないからか | トップページ | アクティブな休息 »