« おのぼりさん御案内 | トップページ | 緑の坂を歩いて登ると汗が垂れる »

2012/05/05

所持品紹介(33) どちらかというと夏向けの、骨張った品物

20120505_dscf7691_1s


先日、浅草のアーケードの中を巡っていて立ち寄った店にて、
ふと目に留まって自分用に買ってきた品が、二つばかりある。
今後の暑い時季に備えての扇子、そして梅雨時に備えて雨傘。

扇子は、半年間ほど日常的に持ち歩く。鞄に入れれば擦れて
痛み、ポケットに入れておけば汗で痛む、半ば消耗品である。
紙や布の部分が骨から剥がれたり破れたりで、だいたい一夏、
良くて二夏で寿命となってしまうので、毎年買わざるを得ず。
以前、鞄の中で樹脂製の要の軸が折れてしまったコトがあり、
それからは金属軸のものを選んで買っているので、少し高い。

傘は、扇子より長持ちするが、ときたま骨が折れたり石突や
握りが割れたりして損耗しているので、できれば予備を持つ
ように心掛けており、今回その余裕分に相当するヤツを購入。
湾曲した持ち手が好きになれないので棒状のを選んで買うが、
もちろん選択肢が限られ、気に入る品に出会うコトは珍しい。

--
夏の装いに関しては、帽子やシャツなども新しくしたいけど、
なかなか欲しくなる品に出会わないか、そもそもカネがなく
見掛けても見送っていたりするコトが多いので、どうなるか。

|

« おのぼりさん御案内 | トップページ | 緑の坂を歩いて登ると汗が垂れる »