« 改善できても少々だからと諦めず交渉するココロ | トップページ | 初夏の俄雨の如し »

2012.05.28

自称逸般塵の不通の日記(351) 行楽の初夏

20120528_img10348_1s


ちょっと友達に誘われてサイクリングしてきた日曜日。

ロードバイクの相手に比べて街乗り用三輪車は非常に
低速なので速度を合わせてもらわねばならなかったが、
今回は部品を入れ替えたばかりの友達の慣らし運転と、
ついでに天気も良いので散歩していこうというコトで、
のんびり走っていたから、まあボチボチ楽しめたかな。

まだ朝夕は割と過ごしやすい気温だから、日中に汗を
かいても夜には暑くなった身体を冷ますコトができる。
湿度も割と低いから、陽射しを避けて停まれば涼しい。
たしかに行楽シーズンというのが、走ると実感できる。

この時季は若葉も瑞々しく彩り陽射にも透明感がある。

ロードバイクと一緒に走れる自転車も欲しくなるけど、
そんな予算は当分できそうにないので、とりあえず今、
この三輪車や自分の足を使って、また電車やバスなど
使える手段で、時間を作っては出歩いていこうと思う。

--
欲を言えば、充分に速く走れて輪行しやすい自転車を
頑張って調達して、いろいろな場所を走り回りたいな。
生活の維持で精一杯という現状から、早く抜け出して。

|

« 改善できても少々だからと諦めず交渉するココロ | トップページ | 初夏の俄雨の如し »