« 自称逸般塵の不通の日記(368) としんで散歩 | トップページ | 道を知るべきコトバ(49) それが如何に遠い道程であろうと »

2012.06.29

講演会などで会場との質疑応答の場面で会場側の人が質問を装い長広舌で自説の演説をしまくったりするスタイルは回答者側の精神を疲弊させて回答なしorトンチンカンな回答を引き出すコトを狙った一種の印象操作テクニックではないかと思ったりもする昨今

20120629_img10429_1s


まあ要するに回答を求めるより発言したいだけのコトなのかなとか思う

--
(長々としたタイトルに対して極端に短い本文を試してみたかっただけ)

|

« 自称逸般塵の不通の日記(368) としんで散歩 | トップページ | 道を知るべきコトバ(49) それが如何に遠い道程であろうと »