« 自称逸般塵の不通の日記(370) 気圧の底 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(372) 部屋の底 »

2012/07/13

自称逸般塵の不通の日記(371) 調子の底(?)

20120713_img_7328_1s


蒸し暑く寝苦しい日々が続くと、次第に体力が削られる。
一昨夜など最も涼しい時間帯に寝付けず苦しい夜だった。
その疲れが昨日そして今日にも残って外出さえも一苦労。

とりあえず今日を乗り切ればカレンダーの上では連休で、
デスクワークが一つ残っているけど時間には融通が利く。
何とか片付けようと気力を振り絞って行って帰ってきた。

--
同じように体力的な厳しさを味わったのは一昨年のコト。
しかし、そのときには苦労した分それなりの稼ぎは出た。

昨年の夏は割と過ごしやすく感じたけれど稼ぎは今一つ。
今年の春頃まで仕事が乏しいまま推移してきたのである。

今月は少し多めに仕事が入っているので再来月あたりは
それなりの収入が見込めるけれど果たして続くかどうか。

また来月も仕事が乏しければ懐具合の見通しも寒いまま
暑い盛りを迎え、ひたすらを耐えるのみの夏かもしれず。

天気予報だって来週より先のコトなどアテにならないが、
自分の仕事の入りも同じく明日より先なんて分からない。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(370) 気圧の底 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(372) 部屋の底 »