« 自称逸般塵の不通の日記(377) 気長タイムシフト | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(379) ある夏い月末の一日 »

2012.07.30

自称逸般塵の不通の日記(378) 心頭滅却したのかどうか

20120730_201207171479ts


TVの番組編成が五輪戦時体制なので見る番組がない。
さらに先の大戦の追善供養の時季が迫っているので、
来月末頃まではレギュラー番組はイレギュラー番組。

そして仕掛かりの仕事はなく次の仕事は水曜日から。
少し早い夏休みといった感覚で、夕方ちょっと外へ。
ちょっとした用事もあったので駅前まで歩いてみた。

この暑い最中ではあるが、ここ2~3日ばかり自宅で
休息していて元気が出てきたのか、あるいは暑さに
多少は耐性がついたのか知らんが、割と動き回れる。

--
明日は月末。入金がある予定で、それを元に支払を
行う予定もあって、あと他にも幾つか雑用をしたい。
今日の元気を維持して上手く済ませたいものである。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(377) 気長タイムシフト | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(379) ある夏い月末の一日 »