« 親水性植物の疎水性 | トップページ | 現実を認めたくないキモチを裏返し »

2012.07.24

総合的という指標?

20120724_img10498_1s


ヨノナカに指標として使えるモノゴトは数えきれぬほどあり、
個人の行動に限っても嗜好とか感情とかいろいろあるけれど、
その中の何を優先するか、人は案外、決めかねるものらしい。

日常生活の中での会話、ネット上の議論、その他いろいろな
場面で、そんな風な性質が、本当に頻繁に見受けられるのだ。

当人が親近感を覚える人物や集団が批判を受けている場面で、
批判に対する擁護でなく専ら批判者への攻撃を行おうとする
ような人もいて、その目的は何なのかと、つい考えてしまう。

批判を受けている人の支援をしたい気持ちも見え隠れするが、
助けどころか邪魔になっているようなケースさえ散見される。

表面的な意図とは裏腹に自分自身の感情を優先しようとする、
いやむしろ感情を明確に認識できぬまま感情に流されていて、
結果的には当の本人にも「こんなはずでは」なのではないか。

「味方が攻撃されている、相手に悪意がある」という具合に
思い込んで攻撃をすると、さらに誤解は解けにくくなる道理。

そんなボタンの掛け違いが進展してしまうと対応は難しくて、
もっと根本的な部分から修正していくコトが求められてくる。
たとえば敵か味方かといった二項対立の考え方を改めるとか。

完全を期して一方に傾こうとする意識も分からぬではないが、
しかし単純な一軸ないし1か0かの認識では世間を分けられぬ。

現実社会というのは矛盾を内包しつつも存在しているもので、
両方の緊張関係を持ちつつ、より安定に近いトコロへ向けて、
また環境変化に応じ若干のブレを許容しながら、進むものだ。

--
個人的に最も重視しているのは「バランスを取るコト」かな。
いろいろと極端なモノゴトも見つつ、そこまでは行かぬよう、

敵か味方か、危険か安全か、怒りか楽しみか、高いか安いか、
特定軸に拘泥して他の軸を見失ってしまったりしないように。

また全ての軸において満足できる解を求むような我儘をせず、
おおよそ全体的に許容範囲を外さず維持していけるようにと。

|

« 親水性植物の疎水性 | トップページ | 現実を認めたくないキモチを裏返し »