« 道を知るべきコトバ(49) それが如何に遠い道程であろうと | トップページ | 夏が来れば思い出す、日本も暑いというコトを »

2012/07/01

片手間に人生、心には火の車

20120701_dscf7885_1ts


考え事して書いたり散歩して写真を撮ったりしながら
その合間に生活しているというような感覚は少しある。

こんな生き方ができる環境は有難いものだと思うけど
そんなの口で言うほど有り難がっているワケでもなく。

というのも現実感が薄いだけでなく実際に生きづらい
という感覚をかなり強く感じていたりするもんだから。

--
まあ生温いと言われればそれまでのコトではあるけど。

|

« 道を知るべきコトバ(49) それが如何に遠い道程であろうと | トップページ | 夏が来れば思い出す、日本も暑いというコトを »