« 偏屈考・見付けた者が勝ちなのか? | トップページ | 道を知るべきコトバ(50) 誰かが辿ったからこその道 »

2012.07.17

偏屈考・見付ける者は価値あるか?

20120717_img10421_1s


「これまでヨノナカの誰一人として気付いていなかった事実」が
誰かの目の前にポーンと転がってくる確率って、どんなもんかな

「これまでヨノナカの誰一人として考えたコトのなかった案」が
誰かの頭の中にポーンと転がってくる確率って、どんなもんかな

実は、ほとんどのコトは今までの人間社会の中で誰かが考えたり
実際に試したりしているコトばっかりなんじゃないかと思ったり

ヒトの個体数は、おそらく累計すれば何百億か何千億にもなろう
その中の、ただの一つの個体にすぎないのが、個人というヤツで

100人の中ではユニークなものかもしれないが1万人ではそうでも
ない程度になってきて、まして1億人や100億人ともなれば全然だ

--
そんな認識があるもんだから決して突飛な者ではないと思うのだ
少しくらい違ったって皆に紛れてしまえば遠目には分からないし

そういうのもあって人間集団から距離を置こうとしているのかも
たった一人の経験であれば何に触れても目新しいコトだからして

|

« 偏屈考・見付けた者が勝ちなのか? | トップページ | 道を知るべきコトバ(50) 誰かが辿ったからこその道 »