« 総合的という指標? | トップページ | 別の方向から現実を見てみると »

2012/07/25

現実を認めたくないキモチを裏返し

20120725_201207241484001


巷で「平均的人間」とされるような仮想的人間像というのは、
実は「想像する当人の欠点を補った人間」だったりしないか。

だいたいにして、「自分は全てに於いて完璧」なんて思って
いるような人物など、滅多に存在しないと思っていいはずで。

そのあたりの気持ちが「普通の人間」というのを考える際に
自己の認識する像に“盛る”素材として使われているのでは。

そんな盛る行為をしがちなのは、きっと何か高い目標意識や
要求意識を持ち、現実を許せない人なのだろうな、とか思う。

--
盛りたいキモチは分からないでもないけど、その盛った仮想
人物像に満たない他人を蔑んだり非難したりするまで行くと、
さすがに行きすぎという気がするし、そもそも盛った部分は
当人にも実現できていない部分なので「オマエが言うな」と。

「できたらいいよね」ってくらいに考えられたらいいのにね。

裏を返して考えてみるってのは、きっとそういう感じだろう。

|

« 総合的という指標? | トップページ | 別の方向から現実を見てみると »