« 民間治療に用いられる万能薬「スレバE」の過剰摂取に関する注意 | トップページ | 日帰り秩父路ドライブ・ダムの底 »

2012/07/09

「スレバE」の副作用を抑え安全に利用するために注意すべきコト

20120709_dscf7911_1s


「○○すればいい」とは当人の能力や志向を踏まえた上で使うもの。
それらを的確に分析した上でこそ使うべきもの、というのが基本だ。
一般的には、主に自分自身に向けて使うようにすればいい、となる。

もちろん当人が自己分析できているかどうかについて周囲が疑問を
抱くようなケースも考えられるが、少なくとも副作用の影響を最も
被るのは本人自身であり、当人こそ最終責任を負うのが適切だろう。

他人からの「○○すればいい」を受け容れるかどうかは個人の責任、
ただし自己責任だからといって周囲が無責任に言っていいワケでは
なくて、想定外に強い言外の圧力が伴う可能性が高いので要注意だ。

--
では、他者に対して処方する際には、どのような点に留意すべきか。

しばしば愚痴めいた発言に対して使われるコトが多い「すればいい」、
これこそが、最も気をつけねばならない使われ方だと言えるだろう。
ともすれば投げ遣り、むしろ当人の葛藤への関与を放棄する意図が
その言に込められてしまいがちで、特に副作用の強いケースとなる。

このような場面では、より副作用の小さな別の処方を選択するのが
最も妥当な選択肢であり、もし「すればいい」を使うとするならば
「○○すればいい、ただし成功するかどうかは分からないが」など
相手が受ける副作用を想定した上で緩和処方を併用するべきである。

一方、当人の葛藤に一緒に取り組む覚悟があるなら、「すればいい」
の処方を使うことのできる場面が、いくつか考えられるようになる。
とはいえ、もちろん相手の能力や志向を踏まえて「○○」を考慮し、
適切な用法用量を守り、かつ投与後の反応を確認しつつ使うべきだ。

|

« 民間治療に用いられる万能薬「スレバE」の過剰摂取に関する注意 | トップページ | 日帰り秩父路ドライブ・ダムの底 »