« 感情を掴むようなハナシ | トップページ | 正義の怒りを(まずは自分自身で)受けてみろ »

2012.08.04

自称逸般塵の不通の日記(382) どんてん返し?

20120804_img10531_1ts


早めに寝付いたのだけども部屋の中で風に翻弄されるような夢を見て
途中で目覚めたら室内から空気が吸い出される風向きに変わっていた。
窓の外では風に流される雲が月の光を浴びて虹色になっては千切れる。

予報では曇り、午後には小雨がパラつくという、そんな朝に洗濯物を。
午前中は太陽が顔を出したので割と乾いたが早めに半乾きで取り込む。
そして昼下がりには少々の雨。思っていた以下に少しばかりの湿り気。

--
断続的な雨が完全に過ぎた頃には夜になりかけで気温は下がってくる。
最近にしては気温は低めだが蒸す。まだ本格的な雨はお預けらしいな。

やはり雲の動きというのは、ともかくもアテにならぬものと思い知る。
天を頼みにするのは諦め、自ら知恵を絞って工夫せねばならぬようだ。

|

« 感情を掴むようなハナシ | トップページ | 正義の怒りを(まずは自分自身で)受けてみろ »