« 中に入ってしまうと外面は見えない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(386) 8月も終わりの青い空 »

2012/08/25

自称逸般塵の不通の日記(385) ある月末

20120825_img10985_1s


久々に纏まった額の入金が入ってきた今月、
久々に自分のカネで飲む。1~2カ月振りか。

たまに訪れる顔馴染みのバー、移転したが
その新店舗にようやく訪れるコトができた。

「あるならば飲んだり食ったりするけれど、
ないならないなりの範囲で飲み食いをする」

そんな感じで貧乏生活に適応してきており、
飲めなかった期間とは即ち酷貧期間である。

--
来月末もまた芳しくない見通しで、その先
も受注状況からして「ほどほど」てな感じ。

酷貧の続いた間に損耗した機材の代替とか、
消耗品の備蓄を積み増しなど、しておこう。

あと、たまには、少しは息抜きもいいよね。

生きる上で何を優先するか、それはきっと
「低コスト生活の実現」などではないので。

|

« 中に入ってしまうと外面は見えない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(386) 8月も終わりの青い空 »