« 自称逸般塵の不通の日記(389) 夏も「行きはよいよい帰りは怖い」? | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(100) 備えがあっても死蔵しては憂いが残る »

2012/08/31

自称逸般塵の不通の日記(390) 気分だけでも夏休み

20120831_201208231506001


未明にオンラインバンキングで口座を確認したら
入金があったので家賃の振込を済ませてから寝た。

忙しかった週がようやく終わろうとしている金曜。
そして多くの地域では夏休み最後の日、と思った
けど考えてみたら土日のロスタイムが残っている。
児童生徒だった頃には喜んでいたかもしれない年。

まあ既に会社員でもなく自由業で夏休みなど関係
なくなってしまっているワケで、今日もアポ先へ。

都心のビル街は相変わらず暑い。少しばかり雲が
増えて刺すような暑さでなくなってきているけど、
雲の分だけ湿度が高まって蒸し暑くなったような。

午前のアポイントを済ませ移動して午後の予定へ、
時間が微妙なので本格的な食事はできず軽食のみ、
まだ飢餓状態なのか、あるいは蒸し暑さのせいか、
駅からアポ先へ少し歩いただけで汗がダラダラと。
早めに移動して冷房の効いたロビーで待つように
していて正解だ、汗ダラでは相手にも悪いだろう。

自宅近くの駅まで戻って、本来なら午後イチから
始めているはずの作業に3~4時間遅れで着手する。

たまたま少し手強い作業で普段より時間が掛かり、
終わって気付けばファストフード店の窓から見る
空もすっかり暗くなってしまったが、致し方ない。

--
土日に少しは休みたいけど床屋や買い出しも必須。
作業は宿題のように一つ残ってるが週明け着手で
間に合うと判断して、せめて仕事はしない方針で。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(389) 夏も「行きはよいよい帰りは怖い」? | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(100) 備えがあっても死蔵しては憂いが残る »