« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(100) 備えがあっても死蔵しては憂いが残る | トップページ | 理系用語で読み解く社会(87) 体力が衰えたときには近隣からの感染症に注意 »

2012/09/02

自称逸般塵の不通の日記(391) ある月初の土日

20120902_img11121_1s


先月末は久々に割とマトモな金額の入金があって、
極貧期間に損耗した資機材を少しだけ補充できた。
筒が抜けた上にフレキが千切れてしまったレンズ、
PCから認識されなくなってしまったHDDを、各1つ。

PCトラブルの方は先月末に発生したばかりだった。
同じマシンで何度かあった故障なので対処は容易。
HDDを交換して、以前のHDDからコピーすれば済む。
(何かの拍子に認識できなくなってしまうらしい)

レンズについては、かなり昔から使っている格安
標準レンズで、使い方が荒いせいもあり経年劣化、
ついに破損に至ったというトコロなのだけれども、
以前から代替となる候補を考えていて、今回購入。

土曜の午後、行きつけのカメラ店で中古の在庫を
眺めてみれば、あったのは候補2種のうち1つだけ。
値段の高い方だったが、また次に金欠となった際、
それを売って安い方に買い換えるという手もある。

というワケで、さほど迷わず買い物を終えた土曜。

--
旧HDDから新HDDへのデータコピーは丸一晩要した
けれども予想通り特に問題なく復旧作業を終えた。

新しいレンズの本格的な活躍は今後というコトに
なるが、軽量コンパクトなので普段使いの主役だ。

あとは気力体力の充実のために、少し旨い食事か。
いや大したコトではなく、単に外食をするだけで。

というワケで、日曜は遅く起き出して床屋に行き、
帰りに駅前で外食、そして目についたのをパチリ。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(100) 備えがあっても死蔵しては憂いが残る | トップページ | 理系用語で読み解く社会(87) 体力が衰えたときには近隣からの感染症に注意 »