« 自称逸般塵の不通の日記(393) 忙しいのは良いコトだけど、それにつけても | トップページ | 残してみるという方法 »

2012/09/13

自称逸般塵の不通の日記(394) ムシャクシャしてやった。反省はしていない。

20120913_img11111_1s


でその安い仕事の中には、ときたまえらく面倒なのも紛れ込む。
通常でも安すぎてモチベーションが上がらない、それどころか
嫌気が差すほどなんだけど、今日の案件は特に密度が高くって
「ここまでやるほどのカネは貰ってない」と腹が立ったほどで、
思わず担当者に「廃業したくなる金額」とメールしてしまった。
いやホント、こんな金額の仕事ばかりでは生計が成り立たない。
彼らの時給と比べたら、何分の一だろうか。想像したくもない。
金額を決める権限は担当者になくて、その上司と交渉しないと
いけないので八つ当たりなのだけど、言わずにいられなかった。

--
どうも今日はネガティブな気分に取り憑かれて直りそうもない、
こういうときは、さっさとシャワー浴びて寝てしまうのがいい。

明日は、今日のより少しは割の良い仕事が入っていたのだけど、
(担当者は別)昼頃に電話があってキャンセルと告げられたから、
もうなんだかどうでもよくなってしまって、明日どうするかは
起きてタイマーかけた洗濯物を干し朝食を済ませてから考える。

きっと嫌な気分を思い出しながらデスクワークに向かうだろう。
こういう不公平感不遇感といったのの後味は、もう嫌なんだが。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(393) 忙しいのは良いコトだけど、それにつけても | トップページ | 残してみるという方法 »