« 科学系ヨタ話(19) 科学に対する姿勢にみられる系統誤差のようなもの | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(396) 身体が不貞寝したかったのか »

2012/09/19

自称逸般塵の不通の日記(395) 言わなきゃ始まらないものな

20120919_201209101518001


ここしばらく気力が出ないのは、やはり「報われなさ」が最大の原因だよな。

一向に気乗りのしない状態のまま安い安い仕事へ出ようとした朝、メールの
チェックなどしようとPCを立ち上げたら画面に何も映らないというトラブル。

この仕事では出先から喫茶店などに入って作業を済ませてから帰るのが通例。
しかし不調になったのは出先で使うための小さなノート。作業を持ち帰って
自宅用の大型ノートで(暑さを我慢しながら)やるしかないなと覚悟して出た。

この仕事は安い上に時間が限られており、帰宅後に作業をするようでは遅い。
だから喫茶店を利用しているのだが、それもあって余計に安さが身に浸みる。

そんな、いろいろと絡み合う思いを抱きつつ昼間、どうにか仕事を片付けた。

--
結局、不思議なコトに帰宅してチェックしたらPCの不具合は解消されていて、
その原因を訝しむ間も惜しく、先週から遅れている仕事に取り掛かっている。

しかし引き受けた仕事に対するモチベーションとは全く別に、仕事の価格や
発注についての不満感は、むしろ逆に高まる一方なので近く取引先に言おう。

喧嘩腰でなく、文句を言うでもなく、むしろ静かな口調で、交渉をするのだ。
「発注額を引き上げるか、または発注内容を見直して価格に合う内容に」と。

|

« 科学系ヨタ話(19) 科学に対する姿勢にみられる系統誤差のようなもの | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(396) 身体が不貞寝したかったのか »