« 久々の雨の夜の散歩 | トップページ | 今年は今年の秋が来る »

2012/09/26

自称逸般塵の不通の日記(398) 重き荷を負い長き道を歩む如き仕事

20120926_201209251532001


仕事の荷物は10kgあまり。それを担いで歩き回る日々。

もちろん夏でも冬でも荷物は基本的に変わらないので、
冬はコートの下で汗をかき、夏はどっちにしろ汗かき。
少しでも発汗量を減らしたくてピークの激しい動作は
控え、動きのペースを一定に保つように心掛けている。

この人生、最も一定でないのは仕事の入り具合かもな。
できる限り平準化しようと努力するけれど焼け石に水。

仕事が乏しかろうと安かろうと、この荷物は変わらぬ。

--
まあそんな荷物も散歩のときだと軽くするコトが多い。
本当に元気に活動できるような涼しい状況下などでは、
普通に歩いてるはずが跳ねるようになってしまったり。

仕事が乏しかろうと安かろうと、それだけ背負ってる。

|

« 久々の雨の夜の散歩 | トップページ | 今年は今年の秋が来る »