« 秋分の日を過ぎて、秋の雨 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(398) 重き荷を負い長き道を歩む如き仕事 »

2012.09.25

久々の雨の夜の散歩

20120925_img11197_1s


秋の雨というのは(苦手な人も多いと思うが)涼しくて好きなのである。

深夜、自宅での仕事が進まず悶々としていて、思い立ってカメラだけ
提げて傘を差し近所を少しゆっくり目に歩いて回ってきたのは久々だ。

昨日の昼間は暑く散歩向きではなかったが、夜になり雨が降り始めて
気温が下がり室内も居心地が良くなってきたのだけれど、気力が出ず、
もしかしたら運動不足が原因なのではないかと考え、出るコトにした。

肌寒いくらいの気温が好きだ。身体を動かせばすぐ暖まる体質だから。
まだ秋本番でなく夜なので撮りたい被写体は乏しいが歩くのは楽しい。

歩き方を思い出すかのように、あるいは味わうかのように、ゆっくり。

--
短い散歩ではあったけど、身体は少し疲労を感じ、頭はスッキリした。
夕飯を食って、少しボンヤリしていたら朝まで眠ってしまったけれど、
ほとんど散歩できぬままに終わった夏のリハビリといったトコロかな。

|

« 秋分の日を過ぎて、秋の雨 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(398) 重き荷を負い長き道を歩む如き仕事 »