« 自称逸般塵の不通の日記(399) 台風前の落ち着かぬ空気 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(400) レガシーな環境の知人事務所のPCを整備しに行った日 »

2012/09/30

嵐の夜が過ぎてゆく

20120930_img11239_1s


日本列島を縦断して愛知県に上陸した台風は本州内陸を北上。
あまりに強い勢力で進路右側の雲が左側に吹き寄せられたか
東京では雨もほとんど降らぬ一方で激しい風に襲われている。

木造の古い安アパートは風に軋みシャッターがガタガタいう。
換気のため細く空けた隙間からでも時折ものすごく吹き込む。

湿気を含む南洋の空気を運ぶのが台風。雨が降らない分だけ
室内は蒸し暑くなって、窓もロクに空けられないのがツライ。

しかし降雨レーダー画像には、まるで雨が見当たらないので
ふとシャッターを上げ外を眺めると、月が煌々と輝いていた。
もう既に台風一過のような空模様。流れる雲に月齢14.4の月。

--
これから大雨が降るコトはなさそうだし風も落ち着くだろう。
少し腰を据えて、遅れている作業を進めていこうじゃないか。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(399) 台風前の落ち着かぬ空気 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(400) レガシーな環境の知人事務所のPCを整備しに行った日 »