« 秋は飽きずに出歩いて商いをしよう | トップページ | 久々の雨の夜の散歩 »

2012/09/24

秋分の日を過ぎて、秋の雨

20120924_dscf7989_1s


夏の間に生い茂っていた空き地の雑草が秋の雨に打たれて倒れていく。

夏の終わりを告げる冷たい雨、と思ったら今日また暑くなるとの予報、
ここ当面しばらくは、夏と秋の駆け引きに天候が左右されるワケだな。

個人的には夏といえば「夏枯れ」といったネガティブな印象が強くて、
それに対し秋といえば豊穣、恵み、活動のイメージを持っているので、
夏と秋の相克といえば即ち苦境を脱し最も好きな季節へ向かう時季だ。

--
しかしまあ秋の稔り彩りというのは夏の暑さに育ったものでもあるし、
夏が苦手だからこそ秋の有難味が深まるという側面もあるワケだから、

そういう意味での夏の存在意義を、過ぎ去ったからこそ、改めて思う。

|

« 秋は飽きずに出歩いて商いをしよう | トップページ | 久々の雨の夜の散歩 »