« ここしばらくの間にトラブったモノと欲を掻くハナシ | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(104) 真実はいつも一人に一つ、という厄介な現実 »

2012/10/27

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(103) 矜恃、魔多し

20121027_img11656_1ts


胸を張っていける要素、取り柄だとか個性のような
ものだとか、自信の持てる点が何か一つでもあれば、
かなりの貧乏でもまだやっていけるのかもしれない。

ただそれは内面的なモノゴトに限るよな、使うなら。

たとえば帰属意識などに由来する自尊心といったの
などを矜恃の拠り所にしていたら、当人にとっても
周囲にとっても危険をもたらしかねないので要注意。

過去および今の環境から得たのは何か、で考えたい。

--
今の日本のヨノナカ一人でやっていける自信はない。
(その割には適当に生きているように見えるらしい)
(なんとなくやっていけそうな感じ、ともいわれる)

だが生き方としては「死ぬまで生きる」以外に何も
定めていないのだから、いろいろやってみてもいい、
少し割り切って、思い切って、生きてきたいものだ。

|

« ここしばらくの間にトラブったモノと欲を掻くハナシ | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(104) 真実はいつも一人に一つ、という厄介な現実 »