« そうは言っても閉じた門は敲きたい | トップページ | 暗箱に針穴(47) 光明は自分から得るもの也 »

2012/11/24

自称逸般塵の不通の日記(409) 晩秋の侵入

20121124_img12509_1s


近所の公園も紅葉の色付きが進んできている。

時間の流れというのは容赦のないものであり、
手をこまねいていれば問題が拡大したりする。

けれども逆に手の着けようのなかった問題が
時間の流れとともに解消していったりもする。

--
待っていた紅葉の時季が訪れたのは嬉しいが、
生活の課題が解決せぬまま年の瀬に突入する
コトになってしまったので何とかしなければ。

|

« そうは言っても閉じた門は敲きたい | トップページ | 暗箱に針穴(47) 光明は自分から得るもの也 »