« 絞り込めぬポイント | トップページ | たまには時事ネタ(86.5) 首を長うして考えよう »

2012/11/19

たまには時事ネタ(86) 有権者の姿にダブる選挙

20121119_img12345_1s


来月の都知事選挙に国政選挙が重なるコトになり、
一部では熱を帯びたような人の姿が見受けられる。
が一方で、どことなく冷めた様子の人たちもいる。

そういう日本人の冷めたトコロは嫌いじゃないが、
あまりに信頼性が低い存在という扱いにしている、
そんな風にも見えてしまって、ちょっとアレかな。

短期的には現実的だが中長期的にはどうだろうな。

--
任期中の政策メニューを全て見たがる有権者たち。
そこへ異様なまでに応えようとする政治家・政党。

間接民主制というのは、いつから自販機になった?
丼飯屋やらファストフードや定食とかファミレス、
そういうのと同じようなメニュー制になったのだ?
早くて安くて旨ければ、それでいいってコトかな。

だがメニュー制というのは発注者と受注者の間で
コミュニケーションができないものと決めている、
そのための努力を諦めている、とも言えるんでは?
どっちが先に諦めたのかなんて、もはや意味なく。

|

« 絞り込めぬポイント | トップページ | たまには時事ネタ(86.5) 首を長うして考えよう »