« 余裕開発戦略 カネの余裕を作るには仕事だが | トップページ | 余裕開発作戦 時間の余裕を作るには工夫だが »

2012.11.05

余裕開発戦術 生活の余裕を作るには場所だが

20121105_img11547_1ts


とはいえ今まずできるコトからやっていくのも重要。
余裕は作り出すもので、たとえばそれは部屋の広さ。
自宅は資料や物資が堆積した山だらけとなっていて、
もう手狭というか生活全てが障害物競走という有様。

そして実際にリスクはある。大きな地震があったり
すれば崩落して書籍流を生じ、復旧には時間を要す。
書籍流がモバイルPCを直撃してACアダプタのプラグ
が折れてしまうなどといった損害も、過去にあった。

そういう生活に伴う堆積物の、まず何を片付けるか。
全て捨ててしまえばEとか言う人もいるだろうけど、
参照頻度は低いけれど保存しておきたい資料もある。
取捨選択が望まれるが、それには時間が必要である。

--
実際、多くの資料は置き場所を把握しており、必要
あらば(上に積まれた品を移動し)短時間に発掘して
用に供するコトができるので、単なる魔窟とは違う。
割と多くの品は、それなりに利用しているのである。

ただ、そうした発掘作業のオーバーヘッドは大きく、
時間を惜しみ発掘を断念して再入手する場合もある。
おそらく時間コストの都合からいっても、いったん
整理して可能な範囲で圧縮しといた方が良さそうだ。

|

« 余裕開発戦略 カネの余裕を作るには仕事だが | トップページ | 余裕開発作戦 時間の余裕を作るには工夫だが »