« 自称逸般塵の不通の日記(407) 紅葉の始まり | トップページ | 社会とは遠くて近い存在 »

2012.11.13

過渡期ならではの色彩

20121113_img12321_1s


木々の色付きの進み具合には樹種や個体や環境条件によって差が出る。
こうして赤や黄色の混ざった中にいると普通の緑も映えて見えるもの。

--
だから少しくらい周囲より遅れて変化しても、結構いいもんだと思う。
また逆に周囲より早く変化するのも、言うまでもなく悪くないもので。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(407) 紅葉の始まり | トップページ | 社会とは遠くて近い存在 »