« 余裕開発作戦 時間の余裕を作るには工夫だが | トップページ | 余裕開発目標 その余裕を求めるのは何の為? »

2012/11/07

余裕開発運用 気持ちの余裕を作るには緩急で

20121107_img11647_1s


誰かのためにという責任感とか、約束した義務感とか、
そういうのを背負って自分にプレッシャーを与えると、
ついダラダラやってしまいがちな仕事でも少しは捗る。

ただ、そういうのを多用しすぎると辛くなるばかりで、
重なった圧力に追い込まれて押し潰されてしまったり、
潰されまいとする本能から逃走を図ったりしかねない。

--
だから集中するにも緩急つけ圧力を抜く時間も設ける。
要するに、ダラダラやらぬようにしようというワケだ。

あと、主に頭脳労働だから、たまに身体を動かすのも
気分転換となり集中力にメリハリをつけるのに役立つ。

たとえば自宅から駅前までは徒歩10~15分程度の距離、
早足で往復するだけでも、まあそれなりに気が晴れる。

もっと運動不足だなと感じたら、思い切って2~3時間、
少し遠くまで散歩の足を伸ばすなんてのも悪くはない。

秋から冬にかけては暑がり汗かきにとって散歩日和で、
これから近所にも紅葉が訪れてくるので丁度良いのだ。

|

« 余裕開発作戦 時間の余裕を作るには工夫だが | トップページ | 余裕開発目標 その余裕を求めるのは何の為? »