« 「各々が考えてもなお進化するのは困難」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(409) 晩秋の侵入 »

2012.11.23

そうは言っても閉じた門は敲きたい

20121123_img12471_1s


素人レベルで思い付くアイデアは、たいてい過去に誰かが
試していたりして、効果の割にはデメリットが大きいなど
いろいろな理由で採用されていない、ってのも、よくある。
多くの場合、9割9分かそれ以上は、素人考え休むに似たり。

誰だっても素人からスタートするものだけれど、もちろん
特定分野について専門的に学ぶ道筋もヨノナカにはあって、
その道で学んで身に付け過去の課題と対策を踏まえた上で、
独創を見出し新たに付け加えて次へ伝えていったりしてる。

こういう専門の道というのは相応の数の人が所属していて
各自の意見を持ち寄って相互に検証し合いながら知識体系
の中に取り入れていく作業を連綿と続けているものであり、
まあ実際よほど紛らわしい誤謬でも除去されていくワケで。

--
とはいえ専門の道というのは、過去に試されたコトおよび
その結果も知識として仕込まれるので、失敗した挑戦など
繰り返しても時間の無駄だ、といった考えて諦めてしまう
コトも多いから、そんな中に、ごく稀ながら環境の変化に
よって効果的な手法となっているものも混じってたりして、
それが素人考えが当たったりする。まあ0割1分未満くらい。

専門の道に少しだけ絡んでくる素人の道。0割1分を逃さぬ
ように門戸は開き気味にしておいた方が望ましいのだろう。

もちろん誰だって自らの専門を除けば素人なのであるから
9割9分かそれ以上を持つ者がいるものと心得て掛からんと。

|

« 「各々が考えてもなお進化するのは困難」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(409) 晩秋の侵入 »