« たまには時事ネタ(86.5) 首を長うして考えよう | トップページ | 「各々が考えてもなお進化するのは困難」 »

2012/11/21

「ぼくのかんがえたあたらしいしゃかい」

20121121_img12340_1s


互いに信頼して育て合う、それは経営者と従業員の関係や、
家族の関係、友人関係、さらには自分に対する自分の心得
といったトコロにも通じてくるんじゃないかなと思ったり。
情けは人の為ならず巡り巡って自分の為にもなるものだと。

--
情報というのは、「立場」に集まる性質があるものである。
地方の組織が人々の声を拾い上げて国政に反映させていく、
といった仕組みが、全国規模の政党にはあったんだよなと、
政党が崩壊の危機に瀕しているような今になってから思う。

何のコトはない、それは単に政党政治の再発明なのだろう。

にしても、いちいち作り直してばかりだと社会コスト高い。
できれば経験に学ぶのでなく歴史に学べればいいのだけど、
そういう賢者ばかりじゃないからこそ、こんなヨノナカに
なっているのだなと、まあこれも何かの再発明だろうけど。

|

« たまには時事ネタ(86.5) 首を長うして考えよう | トップページ | 「各々が考えてもなお進化するのは困難」 »