« 中央だけでは完了しないし現場だけでは指揮できない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(411) 冷たい雨に優しい終バス »

2012/12/01

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(106) 「事件は現場だけで起きてるんじゃない、会議室でも起きてるんだ」

20121201_201211111549001


組織における仕組みとは属人的にならぬようにするためのもの。
もちろん誰でもいいワケはなく、その育成や選抜まで含めての。
そういったトコロに専念するには、現場を俯瞰する視点を必要。

といっても現場のコトも分かっていなければ仕組みを作っても
問題だらけになりかねないワケで、人的交流なり意見交換なり
を経て現場を知りつつ中央にいる人材を用意するのまでが仕事。

--
よく推奨されるキャリアの積み方としては現場と中央の往復か。
現場で数年単位の経験を経て中央に戻れば充分に判断できよう。

しかし数年という時間軸は平時なら問題ないが有事の渦中には、
あるいは流動的な時代には、すぐ時代遅れになってしまうもの。

中央にいて、「まさに今現在の」現場を見ながら対話しながら、
現場往復に迫る理解を持つだけの人材が、でもなかなかいない。

|

« 中央だけでは完了しないし現場だけでは指揮できない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(411) 冷たい雨に優しい終バス »