« 自称逸般塵の不通の日記(414) 年の瀬になって生活改善に取り組む | トップページ | 昔から老けていたといえばそれまでか »

2012.12.27

自称逸般塵の不通の日記(415) まだちょっとイマイチだけど

20121227_img12912_1s


手の甲の荒れは良くなってきて治ってきそうな気配を見せている。

買い出しや床屋などの用事を作って駅前まで出るようにしており、
かなり本気の速度で歩くようにしているため体温も上がってきて
年末の東京の乾いた冷たい風の中でも寒さはほとんど感じず済む。

作業は、もう今となっては焦らず腰を据えて掛かるのが良さそう。
今ここで無理をしてまた調子を崩してしまっても、とか思うので。

--
どうせ世間も暮れ正月だ。年明けに向けて調子を整えていきたい。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(414) 年の瀬になって生活改善に取り組む | トップページ | 昔から老けていたといえばそれまでか »