« それぞれに事情があり都合があり時間があり寿命がある | トップページ | 皆それぞれ経験しながら再発明 »

2012.12.10

ネット上の或る現象の検証、または同調社会主義思想について

20121210_img12887_1ts


ヒトには生物としての本能と、それに対し理性のようなものがあり、
まあ概ね対立概念として扱われてるけど、まあそのあたりのハナシ。
本能だから良くないとかそういったコトを言うつもりは全くなくて、
ただ理性的に行動せんとする際に障害となるケースについて論じる。

理性に自信なければこそ本能やそれに根差す感情に注意したいもの。
自信があるなら自分の感情を利用するくらい、してみたいものだが。

「同じ対象を嫌う者は味方」と認識するような仕組みが本能にあり、
そのあたり互いに同調し合って仲間意識を生じさせるのではないか。
仲間がいれば心強い。敵には、より強く当たれるようになるワケだ。
敵に対する勇敢さは仲間内での序列を決める上でも重要な指標だし。

とはいえ野生生物を取り巻く環境というのは常に変動しているもの、
各個体も老化したり傷病を得たりで個体間の力関係も変わっていく。
そのため、というか、そこに適した性質が残る形で、継続的に刺激
されなければ感情は長く続かず次第に弱まっていくのが通常である。

ただそれは個人差、先天的後天的な性質の違いや、年齢による違い、
周辺環境の影響などにより、ずいぶんバラつきが激しいものである。

感情の減衰を早めたり止めたり、また逆行させたりする大きな要素
となるのが、当人がその周辺状況から受ける影響、だと考えられる。

感情の同調する者同士集まれば互いに強め合う効果があるものだし、
敵対する(と考えている)対象の動向によって自発的に高まるコトも。
また、敵味方の識別が(先天的か後天的かは分からないが)強く働く
人もおり、それが顕著な人物には同調者が集まるコトも少なくない。

同調してくれる人がいると無下に扱いづらい、という心理もあるな。
心情的な応援は嬉しく感じるもの、少なくとも悪い気はしないので、
つい身内感覚になってしまって、応援してくれた人が何か良からぬ
コトをしたりしても、なかなか批判しづらかったりするものである。

--
でもやはり、「攻撃されている(と感じる)から敵」というのが強い。
そういう感覚の強い人物は、何をされても敵と判定しがちなもので、
追い詰められているような感覚に陥り「窮鼠猫を噛む」状態となり、
その行動が余計に非友好的接触を招くという悪循環に陥ったりする。

このようなフィードバックに陥る閾値のようなのは、各人それぞれ
異なるはずだが、その線を越えているなら近寄らないのが吉だろう。
その当人の昂ぶった感情が落ち着いてくるまで、距離を置き遠巻き
にして待つくらいしか、おそらく周囲としては打つ手がないのでは。

あるいは何らかの手があるとしたら、実際に対面するのが望ましい。
文字だけの遣り取りではコミュニケーションが困難で、ほぼ無理だ。

とはいえ、閾値を超えたような人物は、しばしば何かの弾みで暴れ
たりするものだから、つい周囲も反応せざるを得なくなったりして、
またその当人の行動が周囲を徴発するような感じで生じがちだから、
当人にとって「敵であるコトの再確認」ばかりになりがちでもある。

平常時かそれに近い状態のときを見計らって、親身に傾聴するなど
といった方法が考えられるが、それさえも「見下されている」感を
持たれやすい。非明示的に味方だという姿勢を示すために何らかの
役割を持ってもらい同じ課題に取り組むなどの機会があればいいが。

何か皆が困るような事件が生じて、「この人なら」という形で頼み
応えてもらうような、そんな都合の良い解決策は、まあそうはない。
そもそもそれを可能にするためには当人のコトを知っていなければ
ならず、当然ながら一方的にでも友好的接触を継続する必要がある。

|

« それぞれに事情があり都合があり時間があり寿命がある | トップページ | 皆それぞれ経験しながら再発明 »