« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(110) 何を考えるか何を語るかなんて思い悩むコトはない | トップページ | 暗箱に針穴(49) 1月1日の日の出の観望会 »

2013/01/01

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(111) 一難去らしめたらまた一難を

20130101_img_5865_1s


何か新しいコトをする際に完璧でなければ実施してはならない、
というコトであれば人類きっと全く新しいコトができなくなる。
なにしろヒト自身もヒトの作るモノも悉く不完全なものだから。

--
だからせいぜい、目の前にある課題を一つひとつ片付けるのみ。
どうせ課題を片付け尽くすより先に人生が時間切れとなるので、
残してしまったのは申し訳ないと頭を下げ後の世代に託すのだ。

今ここに生きてるのだから今ここにある課題に取り組めヒトよ。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(110) 何を考えるか何を語るかなんて思い悩むコトはない | トップページ | 暗箱に針穴(49) 1月1日の日の出の観望会 »