« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(112) ××も祟らずば祀られまい? | トップページ | 動き出す前から動こうとする努力は始まっている »

2013.01.10

自称逸般塵の不通の日記(417) 転ばぬ先に崩れる障害物

20130110_img13305_1s


最近ちょっといろいろ諸事面倒臭く感じられて放り出しかけている感じがして反省。
生活に伴って室内に堆積していく道具や書籍雑誌新聞など、いい加減処理しないと。

堆積物の山は部屋の其処彼処にあり真っ直ぐ歩けないどころか障害物競走の様相を
呈しており生活してるだけで俊敏性というかバランス感覚は鍛えられる環境である。

それらは軽く接触するだけで崩れたり倒れたりするもんだから自分自身が転んだり
するような場面は全くないのだけど精密に回避して動かねばならないというワケで。

--
いやまあしかし年も改まったコトでもあるし面倒がってばかりいないで早く片付け、
室内はもちろん生活の上での漠然とした閉塞感のようなのも一緒に片付けたいもの。

この閉塞物が生活全体まで一緒に巻き込んで崩れ去ってしまったりしないようにな。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(112) ××も祟らずば祀られまい? | トップページ | 動き出す前から動こうとする努力は始まっている »