« 自称逸般塵の不通の日記(425) そろそろ動き出すように見える | トップページ | それは時間の問題だ・である »

2013.02.23

たまには時事ネタ(90) 北風が和らぎ陽射しが出れば生命が集まってくる

20130223_img13587_1s


仕事の今後の動向を考える上では今後の経済状況が気になるトコロ。
新政権になってからというもの経済政策がどうだとかそういうのが
様々に取り沙汰されていて期待半分不安半分というのが正直な感想。

いろいろ準備して素早く手を打っているのだろうなとは推測するが、
どうせヨノナカてのは狙った通り完璧には進まないものなのだから
状況の変化に応じ柔軟に対応を変えて上手く進めてくれればいいな。

--
おそらく後から現実に合わせて修正した人たちの存在は忘却されて、
全て最初に動かした人の功績として扱われるコトになるだろうけど、
まあそれくらいくれてやればいい、上手く行った結果の方が重要だ。

結果というのは何年も後になってから評価される部分も大きいもの。
そもそも途中経過で生じた出来事により大きく影響を受けるのだし、
どちらにせよ結果より良い方へ向かうよう努力を続けねばならない。

期待でき、将来への不安がないトコロに対してこそ、人は集まって、
「良さそうだからより良くしよう」という風に考えるコトができる。
人を呼び寄せる気分的な要素は、やがて実際の結果をもたらすもの。

その活動の求心力に名が必要で言い出しっぺを据えるとも言えよう。
もしその名を嫌って人が集まらなかったなどしたなら、その程度の
人物しか選べない程度の国であったと諦めて、育成からやりなおし。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(425) そろそろ動き出すように見える | トップページ | それは時間の問題だ・である »