« 自称逸般塵の不通の日記(423) それでも日常は回る、というか回さねばならぬ | トップページ | 割れない切れない、そこにこそ »

2013.02.07

そこに何を見るか、の問題

20130207_img13501_1s


鼻具合は夜になって落ち着いた、というか
歩いて体温が上がって調子も戻ったようだ。

何もできない憂さ晴らしというか何なのか
ニュースサイトなど巡回が増えた気がする。

TVのニュースや新聞記事など眺めてみても
しかし相変わらず表層を撫でるかのようだ。

--
「ゆく河の流れ」を変わらぬものと見るか、
常に水が入れ替わる存在であると見るのか。

「同じもの」とも「違うもの」とも言える、
「同じものだとも別のものだとも言えない」
それらは何れも完全な正解ではなく完全な
不正解でもなく、語る者の主観を反映する。

情報の取捨選択はもちろん表現においても。
何処に立っているのかを示しているのだな。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(423) それでも日常は回る、というか回さねばならぬ | トップページ | 割れない切れない、そこにこそ »