« 時間さの大き差 | トップページ | 規模の問題にしても »

2013/02/26

程度も問題さ

20130226_img13701_1s


ヨノナカの多くのモノゴトは「0と1の間の任意の値を取るもの」と
見倣すことができ、もっと言うなら大概「0」「1」にはならぬもの。
分かりやすくシンプルにしたフィクションのストーリーとは違って、
実際のヨノナカというのは分かりやすさに配慮などしていないので。

たしかにヨノナカの多くのモノゴトは1でなく1未満でしかないけど、
だからといって「1でなければ0しかない」というワケでもないのだ。

--
ヒトビトの罪悪感を利用したビジネスや政治活動・宗教活動などが
割と容易にできてしまうのも、なにしろ善悪というのはカンタンに、
分かりやすくシンプルな構図を見せつけてくれる概念であるからで。

分かりやすい理想のようなのに衝き動かされて1でないのを0とみて、
邪魔だから壊してしまおう考えてしまったりする人も結構いるけど、
その行為もまた「0ではないが1でもない」状態を作り出してないか。

1になれないながら1に近付けようとするのって、かなり大事なのに。

|

« 時間さの大き差 | トップページ | 規模の問題にしても »