« 列車が走るてぇどの道? | トップページ | 透けて見える芯 »

2013/03/01

自称逸般塵の不通の日記(426) いろいろ芽吹いてくる頃

20130301_img_3666_1s


暖気が入ってきて春めいた暖かさになったせいか歩くと汗をかく。
朝食のトーストに乗せるバターが軟らかくて扱いづらくなる季節。
荷物を持って出歩くには真冬しか合わないのかなぁと改めて思う。

武蔵国には春一番。生温かく強い風が暴れて部屋にも吹き込んで、
曇り空で湿気も含んでいた割には洗濯物もしっかり乾いたけれど、
机にしろ積んだ本にしろ微細な砂か何かが載っててザラザラする。

--
途絶えていた仕事が、ポツポツと入ってくるようになってきた感。
いやまだ1つ2つという程度なのだけど、連続して来たのが嬉しい。

だが春の暖かさには部屋の中で停滞していると眠気を催してくる。
入った仕事をキッチリこなして季節の変わり目を乗り越えないと。

|

« 列車が走るてぇどの道? | トップページ | 透けて見える芯 »