« LOCAによる福音書? | トップページ | 絶えざる不調のシグナルに耐えかねて »

2013.03.30

自称逸般塵の不通の日記(431) 割と不調な年度末

20130330_img14168_1ts


ここ数日、かなり体調が悪化しているような気がしている。

数カ月振りに仕事が続けて入ってきたのは良いのだけれど、
久々すぎて作業の勘所を忘れかけてしまったか遅々として
進まず睡眠時間や家事の時間まで削られてしまってる上に、
それが何日か続いてしまったせいで身体はだるく頭は重く
あろうことか首から肩にかけて酷く凝った状態になったり、
惨憺たる有様に陥った上に納期過ぎてもまだ終わってない。

前夜は途中で意識が途切れて変な体勢で寝ていたらしいし、
起きてからも食事の時間さえ惜しんで作業を続けたけれど、
年度末最後の平日の夜が更けてきたあたりで、少し諦めた。
いったん根を詰めるのを止め、調子を取り戻した方が早い。

そこで(たまたま昨日の作り置きがあったので)夕食を摂り、
洗い物や片付けなどして身体を動かし、シャワーを浴びる。
これで少しは身体も目を醒まして調子が戻ってくれるはず。

まあきっと今夜も半徹で夜を明かすコトになるのであろう。
それでも何とか終わるかどうか、というトコロだけれども。

もちろん、やらなきゃ終わらないのだから、やるしかない。

--
いま目の前にある仕事は、あまり悩むようなものではない。

ただ作業を延々と続けるという性質のもので、実はあまり
得意ではない分野なのだけど、とはいえ手を動かせば進む。

延々ずっと作業が続いて休む頃合を見失ってしまうのより
迷ったり悩んだりして時間が経過するようなのが良いのか、
こういう作業の方が良いのか、少し考えさせられたりする。

|

« LOCAによる福音書? | トップページ | 絶えざる不調のシグナルに耐えかねて »