« 自称逸般塵の不通の日記(427) ちょっと芽が出てきたかも | トップページ | 所持品紹介(37) 電池を替えて使い続ける端末 »

2013/03/07

何について思考を放棄するかという選択

20130307_img13759_1ts


感情は、それを持つコトで何らかの選択肢を設定してしまう。

たとえば激した感情のままに行動をしてしまうとか、整理の
つかぬ感情を一時的に棚上げして時間稼ぎをするなんてのも。

否応なく思考停止というか思考放棄できるコトは便利であり、
割とそこに依存してしまったりするんではないか、人は普通。

まあしばしば躊躇って時間が過ぎてるだけだったりするけど、
言うなれば躊躇いという感情が時間稼ぎを選択させる、的な。

--
組織に所属するのは「何をすべきか」のアウトソースである、
という意見があり、あながち間違いではないと思ったりする。

ある部分について悩むコトを放棄すれば、他のトコロに思考
リソースを回せるので悩みながら活動するより効率的なはず。
ただし、「すべき」コトが間違ってない限りにおいて、だが。

結局その部分での思考を放棄したくないから、あるいは放棄
するコトができないから、ズルズルと現状のままいるのかも。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(427) ちょっと芽が出てきたかも | トップページ | 所持品紹介(37) 電池を替えて使い続ける端末 »