« 「考えるんだ、感じているコトを」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(427) ちょっと芽が出てきたかも »

2013.03.05

「もう少し鼻が高かったら、ああなっていたかもしれない」?

20130305_img13643_1s


他人から悪くない評価をされるのも、それはそれで微妙な気持ちになったりする。
いや嬉しくはあるんだけど、それで自尊心が昂ぶってしまったりすれば自ら罠に
落ちる可能性が高まるばかりだし、評価してくれた人に良いトコロを見せようと
ガラにもなく張り切って余計なコトをしでかし大失敗、なんて可能性も出てくる。

--
他者からの評価というのは善悪好悪いずれにしても非常に扱いが難しいものだね。

評価してくれた人の意図を酌むのも難しい、それを受け取った自分自身の気持ち
について自覚するのもまた難しい、どう転んでも精度の高い情報にはなりにくく、
せいぜい内容の方向性に応じて弊害が少なそうな向きへのバイアスを加えようか。

「自分の鼻は低くて、高くなりようがないのだ」などと自覚しておくといいのか。

|

« 「考えるんだ、感じているコトを」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(427) ちょっと芽が出てきたかも »