« 自称逸般塵の不通の日記(429) 火の車では走れないもんだから…… | トップページ | 自覚すれば利用できるはずなのだけど…… »

2013.03.14

芯は自覚している姿と異なる

20130314_201303071574001


先代の退位により開催されるコトになった根比べ、
中継を見ていたら、どうやら次が決まったらしい。

自分たちが信仰している宗教ではないというのに
一緒になって中継に見入ってる日本人も結構いて、
しかも煙突から白煙が上がったのを喜んだりする。

--
しばしば日本人は無宗教だと言われたりするけど、
その一方で「無信仰ではない」とも言われている。
という割には他者の持つ宗教心あるいは信仰心を
察したり慮ったり忖度したりも結構できるようで。

そのあたり実態というか心の裡を考察してみると、
「無自覚に宗教的」というのが近いんでないかな。
自らの宗教心に対して自覚的でないだけのような。

唯一神を前提とした宗教における信仰心とは少し
違って何か明確化しづらい形だったりするのかも。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(429) 火の車では走れないもんだから…… | トップページ | 自覚すれば利用できるはずなのだけど…… »