« 固く存在するかと思えば空気のようなものにも思える | トップページ | 半生紀(35) 苦手との孤独で気長な付き合い »

2013.03.21

気力体力を回復させたい

20130321_img14013_1s


寒気と暖気が攻防を繰り広げて激しい風が吹いたりする中、
春の足音に急かされるかの如く外を歩き回る機会が増えた。
日々の買い出しのついでに桜を撮ろうと遠回りしてみたり、
あと仕事が続けて入ってきて打ち合わせなどに出るコトも。

しかし巡航速度で歩くと息が上がるのは運動不足が過ぎる。
不活発な期間が長かったため代謝を下げてしまったようで、
また元のように上げていかないと行動力に支障が出て困る。

そして仕事でも、以前からの傾向ではあるけれど長時間の
自宅作業では集中が途切れがちで思うように進捗できない。

これもやはり不活発期間が長かった影響ではないかと思う。

--
持ち帰ってきた写真の整理、PCだけでなく外のストレージ
にも保管しているがNASの残りは3GB、次の撮影分で溢れて
しまうだろうから一部のデータを移動するなどしないとな。

不活発とはいえ生きている以上はリソースを消費するもの。
たとえ冬眠状態であっても蓄えがなければ冬を越せぬのさ。

そりゃぁ春を迎えたならば痩せ細って飢餓状態にもなろう。

|

« 固く存在するかと思えば空気のようなものにも思える | トップページ | 半生紀(35) 苦手との孤独で気長な付き合い »