« 気付いたときが直しどき | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(434) 俄に忙しくなってきて振り回される日々 »

2013/04/16

キモチは常に正しいんですよ、「お前の中ではな」

20130416_img14980_1ts


たとえ極めて小さな、実質的にゼロと言えるような損害であろうとも
「他人のせいで」与えられたという事実が許し難い、的な感情はある。

その許し難いキモチに正直であろうとするあまり、受けた損害よりも
遙かに多くのリスクを負ったり多大なコストをかけてまで相手の非を
追及しようとしてしまったりする人が、ヨノナカたまにいるらしくて。
いやまぁそれはそれで割とよくあるハナシなのではあるのだけれども。

--
でもさ、最初の「損害を受けたキモチ」以外のコストやリスクなんて、
他者によって惹起されたとはいえ自分で選択したものでしかないよな。

どこまでが自分自身の選択によるものなのか、どこからが周囲の影響
によって選択させられたものなのか、境界線など明確にしようもない。

その混ざり込んでいる部分の全てを相手の責任としてしまうとしたら、
自分の意志までも放棄しているようなものではないか、とまで思える。

まあ少しくらいは他者に責任転嫁しておかないと自責の念で自壊して
しまったりする危険もあるので全部自分で背負うのもまた良くないが。

|

« 気付いたときが直しどき | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(434) 俄に忙しくなってきて振り回される日々 »