« 急速展開中 | トップページ | 自分らしいコミュニケーションの方法? »

2013.04.11

寄らば見よ大樹の影はもうない

20130411_img15102_1s


山寺の奥の斜面には数百年前からの歴代住職や寺ゆかりの者の墓があり
それを守り覆い被さるかのように一本の大樹が、数年前まで茂っていた。

ここには年に1~2度は訪れているが、あるとき落雷に打たれたか何かで
上の方の枝や幹が大きく失われ、無残な姿となっているコトに気付いた。

その次に訪れたときには、傷んだ箇所に保護や補強措置が採られていて、
これで持ち堪えるかどうかと危ぶんでいたが、残念ながら持たなかった。

結局、勢いを盛り返すコトはなく、おそらくは倒壊の恐れがあるという
理由から切り倒され、跡には大きな切り株だけが残されているのが現状。

--
今、その大樹が枝を広げていた範囲には、ぽっかりと空が広がっている。
周囲の木々からの枝が届くには数年か十数年かかるのではないだろうか。

それまでは、この墓地も雨晒し。きっと数百年モノの傘だったのだけど、
また次の数百年に使えるようなのが育つには、そのくらい時間も要ろう。

まあどうせ墓の下に入った者たちにとってみれば時間など気になるまい。

|

« 急速展開中 | トップページ | 自分らしいコミュニケーションの方法? »